夜勤 あるある

夜勤の仕事あるある!困っている3つの事

Pocket

皆さんは、どんなお仕事をされていますか?

2019年4月1日から、働き方改革法案が成立したことにより、働き方の多様化が進んでいます。

働き方改革の中で、「時間外労働の削減」「有給休暇の5日取得義務」など色々な方針がありますが、超勤手当(残業代)が減ることで実質の収入が減ってしまう家庭もあると思います。

一方で、副業の解禁ということもあるので、これから副業を考えている方も、いらっしゃるのではないでしょうか?

とはいえ、副業を認める企業は少ないのが現状のようですね。

私は、副業をしていますが、収入を上げる為に休日と夜間に働いてます。

主業の関連企業なので、「バレないように」などという心配は無く、堂々と仕事をさせていただいておりますが、正直かなりキツイです。

そんな不規則な生活を続けている中で、感じている事や困っている事など「夜勤あるある」を書いてみました。

 

夜勤は、日勤と違って疲れがドバっと来て取れない

夜勤の仕事は、昼間の仕事と違って、疲れの感じ方がかなり違います。

私の経験上、昼の仕事は「一過性の疲労感」で、夜の仕事は「蓄積される疲労感」種類が違う感じです。

体内時計のリズムが狂ってしまうことが、原因とも言われているようですが、夜勤の仕事は、どんどん蓄積されている感じです。

これが「慢性疲労感」になっていくのではないでしょうか?

夜勤の仕事は、アドレナリンがで出ているせいか?

仕事が終わっても、身体は疲れているのに、頭は冴えていて、目はギラギラ!

ベットに入ってもなかなか眠ることが出来ません。

やっと眠った翌朝は、なかなか起きることが出来ずに、目覚まし時計を何回も何回も鳴らして、止めて・・・いつもより起きるのが大変です。

次の日の仕事は、栄養ドリンクを飲んで頑張ってますが、疲れがドバッと来て疲労感ハンパないです!

昼休みに、職場の駐車場の車の中で少しお昼寝・・のつもりが爆睡してしまい、同僚が呼びに来て、起こされたという恥ずかしいエピソードもあります。

 

夜勤明けは、食べ過ぎてしまう・・・生活リズムが乱れて太る!

夜勤明けは、なぜか食欲が異常に増してしまいます。

体内時計が狂ってしまうことが、原因でしょうか?

夜勤明けの日は、開放感のせいか、必ずと言って良いほど、暴飲暴食してしまいます。自分でも驚く程に食べてしまいます。

お腹が空いていなくても「何か食べたいな〜!」と冷蔵庫の中を覗いて食べる!

そして、お腹いっぱいになったまま眠る。

これでは、太るはずです。

でも、わかっているのにやめられないのですよね〜。

そして目が覚めて後悔。

これは、夜勤のお仕事をしている方には、共感してもらえると思います。

 

家族との生活リズムの不一致

夜勤の仕事をしていると家族との生活は逆になってしまいがち。

家族と一緒にいる時間が少なくなり、家族との会話が減ってしまいます。

そんな生活の中で、心掛けていた事は、子供たちとご飯を一緒に食べる日が少ないので、なるべく手作りの食事を作っておくこと。

寂しい思いをさせているので、一緒にいる時間を大切にするよう心掛けました。

もう一つは、なるべくコミュニケーションを取ること。

メモ程度でも、手紙を書いたり、休憩時間にLINEで「ご飯、ちゃんと食べた?」など、コミュニケーションを取るようしています。

家族全員一緒の休日がほとんど無いので、日常的なコミュニケーションが最も重要だと思っています。

 

まとめ

こんな風に書き出してみると副業、特に夜勤の仕事は、大変な事がいっぱいありました。
働き方の多様化で、色々な働き方を選択する事ができるようなると思います。

夜勤のある仕事を選択する事になった時に重要なのは、自分の健康管理、家族とのコミュニケーションの取り方でしょうか。

投稿を作成しました 16

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.